「勤マル日」記念誌の発行!



私たちは15年間にわたり「勤マルの日」という、勤労者が一斉にボランティアに取り組み活動を応援してきました。


「勤マルの日」とは、厚生労働省の勤労者マルチライフ支援事業から始まった、退職者を含む勤労者ら誰もが気軽に参加できる福岡のボランティア活動の日です。今までにたくさんの企業・団体・個人の方々にご参加いただきましたが、2020年が最後の開催となりました。


今までの活動が、これから未来へのボランティア活動に繋がっていくことを願い記念誌を発行しました。


開催15年間で変化してきたボランティアや企業の社会貢献活動に関する事務局運営団体からのコメントや、勤マルの日を支えてきた受け入れ団体の活動を紹介しています。



勤マル記念誌
.pdf
Download PDF • 14.64MB



最新記事

すべて表示

福岡県では、平成17年3月の福岡県西方沖地震を契機として、県民一人ひとりの防災 意識の向上を目的に、福岡県地域防災シンポジウムを毎年開催しています。 今回は、RKB毎日放送お天気キャスター・気象予報士・防災士の龍山 康朗(たつやま やすあき)氏や、NPO、ママ団体、福岡管区気象台で防災の取組みを進める皆様をお招きし、防災に関する様々なお話を伺います。 当日は、会場での開催に加え、オンライン配信も行